Certified User Interfaces

医療機器用の当社の頑丈なユーザーインターフェースは、人間工学、直感的な使いやすさ、信頼性、規格準拠の点で最も高い要求を満たしています。医療機器のコンポーネントとしてシュトイテのハンドコントローラおよびフットコントローラを統合することは、関連する医療基準に従った認証、検証、および文書化の面をシュトイテが請け負うため、お客様は自身のコアコンピタンス-医療システムの開発と製造-に完全に集中できるという利点があります。また、医療機器と当社のユーザーインターフェースが完全に調和しているため、お客様(手術室、病院、診療所の医師)は、可能な限り最善の方法で責任あるタスクを実行できます。

イノベーション

イノベーション

  • 主要大学との積極的な研究による情報の優位性
  • パートナーシップベースの、新しい運用コンセプトの迅速な開発
  • 将来のネットワーク化された手術室に向け標準化されたSDCインターフェース(「サービス指向のデバイス接続」)を備えた最新のワイヤレスフットコントローラ
インディビジュアリティ

インディビジュアリティ

  • 複雑な要求を叶える人間工学的ソリューション
  • 医療機器に合わせたカスタマイズ製品開発
  • お客様の企業デザインに適応した「ルックアンドフィール」
  • 国際的な認証(MDR、FDAなど)取得のための包括的なサポート
ノウハウ

ノウハウ

  • コアコンピテンス ワイヤレス:ワイヤレス技術の医療使用における20年以上の経験
  • IEC 60601-1規格の導入における幅広い経験
  • SIL 3 / PLe(IEC 61508)およびソフトウェア安全クラス「C」(IEC 62304)に準拠した安全な無線規格
  • 医療技術の世界市場リーダーとの信頼関係

MDR認証”パッケージソリューション”/MDR準拠の医療機器へのサポート

クラス1製品に対する欧州医療機器規則(MDR 2017-745)の移行期間は、2021年5月25日に終了します。医療機器のメーカーにとっては、技術ドキュメンテーション、市場分析、およびリスク管理に関して新しい要件が適用されることを意味します。

これらの要件は、ユーザーインターフェースにも適用されます。シュトイテのメディテク分野はこれに備え、顧客(多数の医療分野のデバイスおよび機器の国際的メーカー)がデバイスのドキュメント全体に加えることが出来るよう、シュトイテのコンポーネントに関するドキュメントパッケージを提供できます。

もっと読む

hidden: HighlightBox with Background Image
こちらでお待ちしています!
RSNA 2021

Chigago, IL, USA

Russian Health Care Week 2021

モスクワ, ロシア

すべてのイベント

当社の動画

革新

人間工学、使いやすさ、ワイヤレス技術は、シュトイテメディテクの「古典的な」研究分野です。
また、相互運用可能な将来の手術室のための革新的なSDCインターフェイス(「サービス指向のデバイス接続」)に関しても、シュトイテは最前線にいます。

リサーチプロジェクトへ

シュトイテメディテク:手術室の操作システムのスペシャリスト

世界をリードする医療機器メーカーの多くは、ユーザーインターフェースの製造開発においてシュトイテメディテクの専門知識を大いに信頼しています。彼らは最新テクノロジーが取り入れられた、安全で直感的な操作が保証される高品質なデバイスから、また、シュトイテメディテクが承認、認証、および文書化でそれらをサポートするという点から、多くの恩恵を受けています。

  • 幅広い標準デバイス
  • 顧客に特化したユーザーインターフェースの共同開発
  • テスト、文書化、認証を含む包括的なサービス
  • 包括的な研究開発の専門知識
個別相談は
どうぞご連絡ください!

野田 義幸
Yoshiyuki Noda

メディテク事業 
アプリケーション・エンジニア

+81 48 782 9045
nihon@steute.com

×

international

Please select your language: