Cybersecurity requirements for surgical foot controls

医療機器のユーザーインターフェースの大手製造業者であるシュトイテは、もともと高い安全基準を誇りますが、ITとデータ保護の安全性を最適化するため、「オペ用フットコントローラのサイバーセキュリティ対策」というプロジェクトが立ち上げられました。

ドイツ、キールにあるM4KKコンペテンスセンターはUniTransferKlinik Lübeck GmbH (UTK)と、その承認の責任者とともに、既存の医療用フットコントローラを分析し、その機能をサイバーセキュリティの要件と比較しました。目的は、フットコントローラがFDAの「Content of Premarket Submissions for Management of Cybersecurity in Medical Devices(医療機器のサイバーセキュリティ管理のための市販前申請の内容)」の要件を確実に満たすことを確認するためです。

これに基づいて、シュトイテでは、データ保護の安全性を具体的に最適化するために、特定のソリューションを実行するための方法論を確立しています。こうしてプロジェクトの目的が達成され、サイバーセキュリティを保護するためのコンセプトが作り上げられました。将来的に、このコンセプトはシュトイテにとっても、お客様にとっても有益となるものです。ユーザーインターフェースはより安全なものとなり、その承認プロセスも簡素化されます。

備考
  • プロジェクト開始:2021年5月1日
  • プロジェクト終了:2021年12月31日
  • アクティブパートナー
プロジェクトパートナー - Cybersecurity
  • M4KKコンペテンスセンター(キール)
  • steute Technologies GmbH & Co. KG
  • UniTransferKlinik Lübeck GmbH (リューベック)
個別相談は
どうぞご連絡ください!

オラフ メシング
Dr. Olaf Messing

General Manager Japan

+81 48 782-9045
nihon@steute.com

×

international

Please select your language: