OPtimal

多様式で適応性のある手術室用ユーザーインターフェースの設計

Intelligent Technical Systems – it´s OWL“ の技術移転プロジェクトとして、シュトイテ・メディテクは、ビーレフェルト大学のCognitive Interaction Technology(CITEC)と協力して、相互運用可能な手術室の革新的なユーザーインターフェイスの概念を開発および評価しました。

評価された概念には、音声制御、ジェスチャー制御、タッチ制御、眼球運動による制御(視線追跡)、およびこれらの手法と実証済みのフットコントロール・ユーザーインターフェースを組み合わせたものが含まれていました。評価には、ハンドリング特性、60人のテスト担当者の認知的負担、およびシステムに対する彼ら自身の主観的な意見が含まれていました。最良のソリューションは、多様式操作であることが証明されました。つまり、足と音声による制御である「タスク共有」です。

»OPtimal についてさらに読む

備考
  • プロジェクト開始:2016年7月1日
  • プロジェクト終了:2017年1月31日
  • プロジェクトパートナー : Uni Bielefeld CITEC
  • 提携パートナー

it´s OWL 産業クラスター内の技術移転プロジェクト

焦点 - OPtimal
  • 要件の分析と潜在的なアプリケーションの定義
  • 文献と市場分析
  • 多様式で適応性のあるユーザーインターフェース概念の開発とプロトタイプ作成
  • プロトタイプの評価と最適化
  • CQP-MMIプラットフォームへの埋め込み
個別相談は
どうぞご連絡ください!

オラフ メシング
Dr. Olaf Messing

General Manager Japan

+81 48 782-9045
nihon@steute.com

×

international

Please select your language: