ロッカーフットスイッチ

オンとオフの切り替え、2方向へのズーム:医療機器の2つの機能間の迅速な変更がワークフローの一部である場合は、ロッカーフットスイッチの使用をお勧めします。足を1回押すだけで、デバイスは動作モードを変更します。典型的なアプリケーションは、手術台、顕微鏡、眼科用デバイスです。

シュトイテ・メディテクシリーズには、MFS-MED GP71シリーズのロッカーフットスイッチがあります。ユーザーは、さまざまな基本バージョン(1〜4ペダル)から選択できます。これらのフットコントローラには追加のボタンを装備することもでき、堅牢であると同時に安定しています。直感的な操作と長い耐用年数が保証されています。

有線ロッカーフットスイッチ

個別相談は
どうぞご連絡ください!

野田 義幸
Yoshiyuki Noda

メディテク事業 
アプリケーション・エンジニア

+81 48 782 9045
nihon@steute.com

×

international

Please select your language: